大学受験等、将来に不安がある

海外留学をしたいけど、将来に不安がある、受験はどうなるのか、受けることができるのか不安という声も少なくありません。
ですが、全く問題ありません。
帰国子女制度を使うことにより、一般の受験生とは違う枠で入学が可能です。
大変な受験勉強に煩わされる心配もありません。
現在、国公立や私立のかなりの学部でこの制度で入学することが可能です。
また、海外にそのまま残って、海外の大学に通うという選択ももちろんできます。
海外の大学でないと学べない学科も多いのですし、日本よりも進んでいる分野や実践的・専門的なところも多いので、海外に残る方も少なくありません。
大学では、高校の時よりも制約が減り、できることが増えるので、さらに様々な経験ができるようになり、国際人に近づくことができます。
勉強はもちろんですが、旅行やワーキングホリデー、一人暮らし等、様々な人生経験ができます。
外国語が不安でも、働けるところは多いので心配はいりません。
これらの経験は高校留学をしてこそです。
大学に入ってから海外へ初めていくのでは、これらの経験の本当の素晴らしさがわかる前に帰国、ということもあります。
高校留学をしてこそ、本当に楽しむことができるのです。
留学をすることにより、日本にいるよりもずっと、将来の選択肢の幅が段違いに広がります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 高校生で海外に留学するための必要なこと All Rights Reserved.